外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 外務省は19日、米国で今年実施した日本に関する世論調査の結果を発表した。一般市民のうち「アジアで最も重要なパートナー」として中国を挙げた人が39%と最も多く、昨年首位だった日本は35%と2位に転落した。政財界や学界など有識者を対象とした調査でも中国が最多だった。

共同通信