ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米当局、ミサイル搭載可能と分析

 【ワシントン共同】米国防総省傘下の国防情報局(DIA)が3月にまとめた報告書で、北朝鮮が完成度は低いものの、弾道ミサイルに搭載可能な小型化された核兵器を保有している可能性が高いと分析していることが11日分かった。米情報機関によるこうした分析が公になるのは初めて。オバマ大統領は記者団に「地域の同盟国への義務を果たすため、あらゆる必要な措置を取る」と述べ、日本などの防衛に全力を挙げる決意を表明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。