ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米情報収集、輪郭現す

 【ワシントン共同】米国家安全保障局(NSA)がテロ対策として、インターネット上や電話のやりとりを対象に四つの秘密プログラムを運用し、大量の個人情報を収集してきたことが17日までに分かった。「世界最大の盗聴機関」の活動実態が徐々に輪郭を現しつつある。16日付のワシントン・ポスト紙によると、四つはネットが対象の「プリズム」「マリーナ」のほか、電話が対象の「ニュークリオン」「メーンウエー」。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。