外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コペンハーゲン共同】米国の20年時点の温室効果ガス排出量は、米上院で審議中の法案に盛り込まれた削減策が実行されれば、05年比で29%減る可能性があるとする試算を、米環境シンクタンクの世界資源研究所(WRI)が8日までにまとめた。米政府が発表している「05年比17%減」との目標値を大幅に上回る。COP15などで、米国がより大きな削減目標を受け入れる余地があることを示すデータとして注目される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信