ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米政府、ナチス幹部の日記発見

 【ワシントン共同】ロイター通信は10日までに、ナチス・ドイツの幹部で、独裁者ヒトラーにも近かったアルフレート・ローゼンベルクが残し、長く行方が分からなくなっていた日記を米政府が発見したと報じた。第2次大戦中のホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の歴史を含むナチス研究にとって貴重な資料となる可能性があり、調査に関与したワシントンのホロコースト博物館や米政府の担当者らが近く発表する予定という。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。