外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米議会上下両院は22日までに、尖閣諸島は日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象と明記した条項を盛り込んだ法案を可決した。オバマ米政権は繰り返し、尖閣が安保条約の適用範囲と表明しているが、立法府も行政府と足並みをそろえたことになる。政権の安保適用方針に法的な裏付けを与える今回の法案は、中国が過激な行動に走ることを防ぐ「抑止力」(アーミテージ元国務副長官)といえる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信