外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米政府は18日までに、毒性が強いH5N1型鳥インフルエンザウイルスの遺伝子を変異させる研究への公的助成は国と助成機関の2段階で研究内容を評価し、審査を厳格化する方針を決めた。米厚生省が明らかにした。研究内容が生物テロに悪用されるのを防ぐ目的。哺乳類に感染しやすいウイルスをつくった東京大医科学研究所の教授らの研究に懸念が高まり、同様の研究が世界中で今も停止している問題を受けた措置。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信