外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米中央軍は1日、内戦状態のイエメンで活動する国際テロ組織アルカイダ系「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」を標的とした作戦で、市民が犠牲になったと発表した。ロイター通信によると、作戦はトランプ大統領が就任後最初に承認したもので、1月29日に行われた。AP通信によると、8歳の子どもを含め10人以上が死亡した。

共同通信