外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】イスラム圏7カ国からの入国禁止に対し米連邦裁判所が一時差し止めを命じた決定を巡り、ミラー大統領補佐官(政策担当)は12日、入国禁止の効力復活に向け、新たな大統領令や法廷闘争継続を含め「あらゆる選択肢」を検討していると述べた。差し止めを命令・支持した地・高裁判事は三権分立原則に反し、大統領権限を不当に侵害したと強く非難した。

共同通信