世界の出来事

 【ワシントン共同】トランプ米政権は9日、化学兵器を使用したと断定したシリアのアサド政権に対する追加攻撃を示唆するなど圧力を強化する姿勢を鮮明にした。しかし、焦点のアサド大統領の処遇を巡っては政権内で意見が食い違い、ミサイル攻撃後の長期的なシリア戦略を描けていない内情を露呈した。

共同通信

 世界の出来事