外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領は6日、内政上の焦点となっていた、年末に期限切れとなる個人所得税減税「ブッシュ減税」の扱いについて、高所得者層を含む全国民を対象に2年間延長することで野党共和党と合意したと発表。11月の中間選挙で大敗した民主党を率いるオバマ氏が妥協を図り、共和党の主張を受け入れて大きく譲歩した。オバマ氏の支持基盤のリベラル派からは反発の声が上がっている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信