【ワルシャワ共同】米政府は13日、ポーランドの首都ワルシャワで、イランへの対応を軸に中東の安全保障問題を話し合う閣僚級会議を開いた。14日までの日程。13日は夕食会が開かれ、ペンス米副大統領やポーランドのドゥダ大統領らが出席した。米国には各国と連携を強め、中東で影響力を増すイランを封じ込める狙いがある。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。