外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米ホワイトハウス秘書官がドメスティックバイオレンス(DV)の疑いを報じられて辞任した問題で、連邦捜査局(FBI)のレイ長官は13日、秘書官の経歴調査の結果を昨年3月から政権側に報告し始め、今年1月に完了したと議会証言した。トランプ政権がDV疑惑を知りながら雇用を続け、事実と異なる説明をしていた可能性が強まった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信