外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国の景気動向を判定する全米経済研究所(NBER)は20日、2007年12月に始まった米国の景気後退が昨年6月に終了したと宣言した。今回の景気後退の期間は18カ月間で、第2次大戦後で最長。昨年6月以降は拡大局面に入ったとの見解を示した。これまでの景気後退期間は、1973~75年と81~82年の16カ月間が最も長かった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信