ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米朝の応酬「行き過ぎ」

 【ニューヨーク共同】北朝鮮の核・ミサイル開発を巡るトランプ米大統領と金正恩政権による威嚇の応酬について、世界の滅亡を暗示する核戦争映画「博士の異常な愛情」を引き合いに出し「行き過ぎ」と批判する声が米国で出始めている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。