外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】北朝鮮の申善虎国連大使は21日、ニューヨークの国連本部で記者会見し、米朝対話の再開をあらためて求め「緊張緩和や停戦の平和協定への転換、オバマ米大統領が求める『核なき世界』について話し合うことができる」と表明した。申大使は米国の核の脅威を指摘し「核の抑止力を決して放棄しない」とも強調。米国と韓国の軍事演習を「戦争ゲーム」と批判し、在韓国連軍司令部は「米軍の道具」と解散を求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信