外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米東部を襲った季節外れの大雪の影響は10月31日も続き、AP通信によると、電線による感電や交通事故などの死者が米国で少なくとも19人、カナダで1人の計20人に上った。ロイター通信によると、ニューヨーク、マサチューセッツ、コネティカットなどの各州では、電力会社が停電中の220万世帯の電力復旧を急いだ。多くの学校が数日間の休校を決め、ハロウィーン関連行事の延期も相次いだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信