外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】トランプ次期米大統領が司法長官に選んだセッションズ上院議員に対する上院司法委員会の指名承認公聴会が10日午後、引き続き開かれ、セッションズ氏は自身の姿勢が人種差別的だとの見方を「誤っている」と否定した。民主党議員は保守強硬派の同氏の起用に「深い懸念」を表明、傍聴席では抗議のため立ち上がる人が相次ぎ、その度に議事が中断した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信