外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ビエンチャン共同】フィリピンのドゥテルテ大統領は7日夜、ラオスの首都ビエンチャンで、オバマ米大統領と短時間会話を交わした。オバマ氏を侮辱したドゥテルテ氏の暴言が原因で、当初予定されていた首脳会談は取りやめになったが、非公式接触が実現したことで、同盟関係に決定的な亀裂が入るのは回避されたもようだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信