外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米メキシコ湾の原油流出事故で流出した原油の70~79%は今も海に残り、生態系の脅威となっているとの研究結果をジョージア大のグループがまとめ、17日発表した。米政府は、流出原油の約75%が回収または分解、蒸発によってなくなったとの分析を発表。研究グループは、分解されたり海に解けた原油も依然、生態系に害を及ぼす可能性があると指摘している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信