外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【イスラマバード共同】アフガニスタンと国境を接するパキスタン北西部部族地域で、イスラム武装勢力を標的とする米国の無人機爆撃が10年は110回を超え、過去最多を更新した。武装勢力の拠点があるとされる同地域での攻撃強化は、戦いを進める上で重要だが、パキスタンでは反発が強まっている。民間サイトによると、無人機爆撃は08年から本格化し、09年は53回、10年はこれまでに116回と倍増した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信