外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】過激派組織「イスラム国」(IS)壊滅を目指す有志連合の調整を担当するマクガーク米大統領特使は22日、ニューヨークで記者会見し、イラク北部クルド自治政府が25日に実施を予定しているイラクからの独立の是非を問う住民投票について「米国が完全にコントロールできない多くの危機をもたらす」と懸念を表明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信