外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】アーミテージ元米国務副長官ら元米政府高官や有識者でつくる超党派の独立委員会は12日、米国のアフガニスタン・パキスタン戦略についての報告書を発表、現在の戦略で成果がなければ、治安維持よりもテロリスト掃討作戦に集中して米軍の任務を縮小すべきだと提言した。米政府は、目標とする来年7月の米軍撤退開始に向けた3万人の米軍増派が効果を挙げているかどうかの検証作業を進めている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信