外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は2日、ボストン連続爆破テロで訴追されたチェチェン系のジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)と警察に射殺された兄が当初、7月4日の米独立記念日に自爆テロを計画していた、と捜査関係者の話として報じた。兄弟は、イエメンで2011年に米無人機の攻撃で殺害された米国人イスラム過激派聖職者アンワル・アウラキ師の説教をネットで見て影響を受けていたとみられるという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信