外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米空軍グローバルストライク司令部は8日、北朝鮮に対する刺激を避けるために延期していた大陸間弾道ミサイル(ICBM)ミニットマン3の発射実験を21日に行うと明らかにした。性能維持の確認が目的で、年内にさらに2回を予定している。一方、国防総省のリトル報道官は8日、記者団に対し、日本海側で近く始まる米韓合同海上訓練も予定通り実施する方針を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信