外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】16日付の米紙ワシントン・ポストは、米国の政府や軍、民間企業を標的にした中国のサイバー攻撃に警鐘を鳴らし「中国と対決するときだ」と訴える社説を掲載、中国側が対策を取らない場合は制裁措置を検討するようオバマ政権や議会に求めた。同紙は中国発のサイバー攻撃について「比較的知られているにもかかわらず、対策はほとんど取られていない」と問題提起。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信