外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明両党は13日、集団的自衛権の行使容認などを踏まえた安全保障法制の整備に向け国会内で協議を再開した。正式会合は約7カ月ぶり。政府は武力攻撃に至らない「グレーゾーン事態」で自衛隊が米軍以外の他国軍艦船なども防護可能とする法整備を提案した。公明党から異論が出され、次回協議以降に結論を持ち越した。自衛隊の出動手続きを迅速化するための電話による閣議決定方式の導入は事実上合意した。3月末までに法制全体の骨格を固める方針も確認した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信