外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロサンゼルス共同】東日本大震災の被災地から津波で流出した漂流物が太平洋を横断、近く米西海岸などに到達する可能性があることから、米国の元海洋学者が「流れ着いた物は誰かの形見かもしれない」として、地元自治体などに漂着物の保管を呼び掛けている。この元学者は米西部シアトル在住のカート・エベスマイヤーさん(68)。現役時代は石油会社で海での石油流出事故の対策などに携わった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信