外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】核廃絶を訴える米アメリカン大のピーター・カズニック教授(67)は、オバマ大統領が被爆地・広島訪問で「世界の目を広島や核兵器の問題に向けた」ものの、現地で感じた率直な思いや「核兵器なき世界」への具体的行動を語らなかったとして「落胆した」と述べた。4日までに共同通信のインタビューに応じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信