外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】イラン核問題の包括解決に向けて欧米など6カ国とイランが最終合意した「包括的共同行動計画」について、米下院のロイス外交委員長(共和党)は4日、不承認決議案を提出した。上院でも近く同様の決議案が出され、共和党が多数派を占める両院で9月に可決されるとの見方が強まっている。

共同通信