外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米議会調査局は28日までに、最近の日米関係を分析した報告書をまとめた。オバマ大統領による現職米大統領初の被爆地・広島訪問は日本で好意的に受け止められたと評価。7月の参院選に注目しているほか、米軍属の男による女性暴行殺害事件が、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題に影響する懸念にも言及した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信