外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米上下両院の軍事委員会は2日、在沖縄海兵隊のグアム移転費に関し、執行関連予算の凍結を解除することで合意した。議会筋が明らかにした。移転のための資金的手当てが付くことになり、沖縄の基地負担軽減や米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を後押しする可能性がある。

共同通信