外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米上下両院の軍事委員会は18日、2013会計年度(12年10月~13年9月)国防権限法案で在沖縄米海兵隊のグアム移転関連費の一部を復活させることで合意した。12年度では全額削除されており、2年ぶりの計上となる。復活した13年度の関連費は2600万ドル(約22億円)。日本政府はこれまで米政府予算とは別に、自己負担分として約8億3千万ドルを提供している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信