外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米上下両院は28日、2001年の米中枢同時テロの被害者が外国政府に損害賠償を求めることを可能にする法案をそれぞれ圧倒的賛成多数で再可決した。法案はオバマ大統領が23日に拒否権を行使したが、28日の結果を受けて成立。大統領の拒否権が覆るのは09年1月発足のオバマ政権で初めて。大統領は「過ちだ」と議会を非難した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信