外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】ガイトナー米財務長官は21日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)のインタビューで「主要通貨(の相場水準)はおおむね(実勢と)整合している」と述べ、ドルは円やユーロに対してこれ以上安くなる必要はないとの見方を示唆。東京外為市場の円相場は21日朝から約15年半ぶりに1ドル=80円台の円高となっていたが、長官の発言を受け、一時81円台後半に急落。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信