外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米海軍は6日、北朝鮮が予告した事実上の長距離弾道ミサイル発射に対応するため、高性能レーダーと迎撃ミサイルを装備したイージス艦2隻を周辺海域に派遣したことを明らかにした。4月の発射時と同様、日本近海かフィリピン周辺に展開するとみられる。2隻は海上自衛隊のイージス艦と連携し、複数のレーダーでミサイルを追跡し軌道を割り出すとともに、日米両国で情報を共有。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信