外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】AP通信は4日、米国とイラクの両政府が、イラク国内での過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦終了後も米軍のイラク駐留を続ける方向で協議していると報じた。話し合いは初期段階で詳細は固まっていないが、過激派などが再び台頭しないよう米軍の長期駐留が望ましいとの認識で一致しているという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信