外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 防衛省は8日、米軍輸送機MV22オスプレイの今年9月末時点の一定飛行時間当たりの重大事故発生率が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備される前の2012年4月時点と比べると、約1・7倍に上昇したと明らかにした。米政府から事故率の回答があった。沖縄県側の配備撤回を求める声が強まりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信