外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日米合同委員会は5日、沖縄県の米軍基地キャンプ・ハンセンの一部約162ヘクタールを2017年6月までに所有者の名護市などに返還することを決めた。日米両政府は1995年12月に返還合意してから約18年を迎えることを問題視し、返還時期の明確化により返還計画を加速させたい考えだ。162ヘクタールのうち、55ヘクタールは14年6月末までに返還し、残り107ヘクタールを17年6月末までに返還する。

共同通信