外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県うるま市で4月、女性を襲って殺害したとして、殺人罪などに問われた元米海兵隊員の軍属シンザト・ケネス・フランクリン被告(32)が「殺意はなかった」と主張していることが6日、分かった。米軍の準機関紙「星条旗」(電子版)が報じた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信