外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 沖縄県東村高江で米軍の大型輸送ヘリコプターCH53Eが不時着、炎上した事故で、防衛省沖縄防衛局と県は17日、現場の米軍規制線内に入っての初めての放射線調査を実施した。米軍によると、機体の一部に放射性物質が使用され、住民らから環境汚染や健康被害を懸念する声が出ている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信