外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国軍関係者は13日、北東部の江原道麟蹄郡の山中で見つかった北朝鮮のものと疑われる無人機が、米軍の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」が配備された南部星州の敷地を撮影していたと明らかにした。無人機に保存された写真では、THAADの発射台も確認できるといい、4月の配備後に撮影されたとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信