外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米軍のミサイル攻撃の引き金になったシリアでの化学兵器による空爆について米軍高官は7日、アサド政権を支えるロシアの関与がなかったか「慎重に調べている」と記者団に明らかにした。トランプ米政権は、アサド政権軍が4日の空爆で化学兵器を使ったと断定し、ロシアとの「共犯関係」(ティラーソン国務長官)を疑っており、12日の米ロ外相会談に影を落としそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信