【ワシントン共同】米国防総省は25日、昨年9月までの1年間の「航行の自由」作戦に関する年次報告書を発表し、中国が東シナ海上空に設定した防空識別圏で同作戦を実施したことを明らかにした。中国の防空圏設定を認めない立場を明確にする狙いがあるとみられる。具体的な回数や場所は明示していない。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。