外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】冷戦期の1960年代にジョンソン米政権がソ連と核戦争に突入した場合「国家の存続」を阻止するため、軍事施設や都市部の産業基盤を包括的に攻撃する作戦計画を立案していたことが15日、機密解除された米公文書で分かった。放射性物質などによる広範囲の被害が想定され、甚大な市民の犠牲を出すことを辞さない方針だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信