外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)に15日夕、大気中の核物質を採取、分析する能力を備えたWC135偵察機(通称コンスタントフェニックス)が到着した。同機は過去に北朝鮮が核実験をした際も嘉手納を拠点に監視飛行を行っており、今回も米国が核実験に向けた何らかの兆候を覚知して派遣した可能性が高い。目撃者によると、ネブラスカ州オファット空軍基地所属のWC135は15日午後6時20分ごろ、嘉手納基地に到着。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信