外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シドニー共同】米海軍の戦闘機2機が先週、オーストラリア軍との合同演習中に同国の北東沖に四つの爆弾を投棄していたことが明らかになった。現場は世界遺産に登録されているサンゴ礁群「グレートバリアリーフ」の広がる海洋公園内で、危険回避のための緊急措置だったという。AP通信などが22日までに伝えた。爆弾はいずれも起爆しない状態で爆発しなかった。オーストラリアの緑の党は「言語道断」と批判している。

共同通信