世界の出来事

 【ワシントン共同】米国防総省ミサイル防衛局のシリング局長は5月31日の電話会見で、30日に太平洋上で実施した初の大陸間弾道ミサイル(ICBM)迎撃実験について、米情報機関が3年後に北朝鮮やイランが保有していると予測したミサイル技術を反映させたと明らかにした。

共同通信

 世界の出来事