外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)は3日、韓国サムスン電子の特許侵害を理由に米アップルの一部製品の米国への輸入と販売を禁止した米国際貿易委員会(ITC)の命令を拒否すると発表した。フロマン通商代表は、命令を覆す理由について「米国における販売競争や米消費者への影響を考慮した」と指摘。ただ、サムスンは引き続き裁判を通じて特許侵害の有無を争うことができるとしている。

共同通信