外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は29日、米国債などを購入して市場に大量のお金が出回るようにする量的緩和政策を予定通り10月末で終えると決めた。雇用情勢が著しく改善したと判断した。事実上のゼロ金利政策を当面続ける方針は維持した。

共同通信